バッグの断捨離、1つ入れたら2つ手放す

今日は2つのバッグを手放し、1つのバッグが仲間入りしました。
1つ入れたら2つ手放す方式の発動です。

手放したバッグ

合皮ショルダーバッグ

普段用にガシガシ使おうと思って購入しました。が、実際はたまにしか使わず。

ポケットいっぱいで整理できるし、肩にかけると体に沿うし、色も絶妙なくすみ具合で気に入っていたのですが…


ナイロンウエストポーチ
作業(風船で装飾をしたりします)のときにハサミやカッターなどを入れたり、海外滞在時にお財布やケータイなどを入れて使ってました。
あまりお金を持ってなさそうに見えるチープさもメリットとして考えていました。
確か7年くらい前にリサイクルショップで200円で購入。

手放した理由

ショルダーバッグは、私にとって少し重く感じていました。
(でも777件のレビュー中、「軽い」で検索すると37件・「重い」で検索すると10件、しかも「重い」は「重い物を入れると頼りない」「今までのは重いけどこれは軽い」という意見がほとんどなので、一般的には軽い部類のようです)

あと、普段持ち歩くA5サイズの手帳を入れると、ファスナーが若干引っかかるのが気になっていました。

ウエストポーチは、赤という色が今の私の服装に合わなくなってきていました。
また、今年5月~6月のセブ滞在でガシガシ使ったためだいぶくたびれてきていました。

手に入れたバッグ

ナイロン素材のショルダーバッグ
 
軽い・A5手帳が入る・色がいい。

水玉はポップ過ぎるかと思ったのですが、紺色よりも紫寄りな紫紺色とフチが滲んだような水玉が、絶妙に和の渋さを醸し出しているのです。

肩にかけて鏡を見てみたら、まるで元からそこにあったかのように違和感がありません。

どこのブランドの物かもわからないバッグですが、使いやすいポケットもあるし、ベルトループもあるし、とても気に入りました。


しばらくこのショルダーバッグにお世話になります。




---エリサ/魔法使いのシンプルライフ


■この日記をシェア

■この日記にコメント コメント欄へ移動


自分の写真
10代で「トランクひとつでどこでも行ける」に憧れ、20代で「モノを減らす快感」に目覚め、30代で「必要なものはわずかだけ」と気がつく。 好きな飲み物はぬるい水。 もっと詳しく知りたい場合≫エゴグラムによる性格診断結果 http://erisaslife.blogspot.jp/p/blog-page_13.html