仕事の断捨離で可能性を開く

私の仕事は、バルーンアートという技術を用いて価値を提供することです。
(厳密にいうと私の役割は会社経営なのですが、現場仕事もしています)





そしてバルーンアートの中には、バルーンドレスというジャンルがあります。
そのドレスを作るために使う道具がこちら、トルソー。



トルソーに合わせて細長い風船を編みこんでいき、ドレスを作るのです。

私がバルーンアートを始めた頃はすでに、素晴らしいドレスを作る先輩たちが活躍していました。
それはそれは美しく観る者の心を捉えるドレスで、もちろん私も憧れました。
なので当たり前のように、バルーンアートを続ける過程でトルソーを手に入れたのです。


しかし購入から5年、トルソーはこのような使い方になりました。





右下の、衣装を着せられているのがトルソーです。


それで先日、決断しました。トルソーを手放そう、と。
それは結果として、バルーンドレスを作るという仕事を手放すことにもつながります。

今までは、なんだか怖かったのです。
仕事の一部を失うことが。

でも私が一番求められるのは、ステージショー、実演、教室講師です。
今回の断捨離で、強みをより活かす可能性が開いたのではないかと思っています。

-----

ちなみにトルソーは、無事もらい手が見つかりました。
手放そうと決意して1週間くらいしたとき、工房に訪れた知人からたまたま「トルソーが欲しい」という話を聞いたのです。
素晴らしいタイミングでした。

私は手放せてうれしく、もらってくれた人は喜んでくれ、物も活きる。

しかも一緒に仕事をしていける可能性のある人なのです。
いつかこの人にドレスの発注ができたら、ステキだなあと思っています。

---エリサ/魔法使いのシンプルライフ


■この日記をシェア

■この日記にコメント コメント欄へ移動


自分の写真
10代で「トランクひとつでどこでも行ける」に憧れ、20代で「モノを減らす快感」に目覚め、30代で「必要なものはわずかだけ」と気がつく。 好きな飲み物はぬるい水。 もっと詳しく知りたい場合≫エゴグラムによる性格診断結果 http://erisaslife.blogspot.jp/p/blog-page_13.html